口臭に悩む女性たちへ

女性の方たちも口臭を気にしている人が多いはずです。

口臭はいろんな要因で起こりうるのですが、中でも喫煙もその一つになります。

 

タバコを吸う女性であれば、喫煙後にしっかりとブレスケアやうがいなどを心がけなければ、それだけで口臭がひどくなるケースも考えられるのです。

喫煙をするとどうしてもニコチンでヤニが付着しますし、口臭の原因となってしまいます。

 

タバコ臭いのはもちろんですが、それがやがて口臭の原因となるので、喫煙は控えることが望ましいですね。

もし喫煙をしたときには、できる限り口臭スプレーやマスク・うがいを徹底するようにしてください。

 

さらに、口臭の原因には他にもありますよね?それは虫歯によるものです。

虫歯って治療をせずにずっと放置しているとそれが口臭の要因となってしまうこともあるので、虫歯がある女性だとできるだけ早く治すようにする必要があります。

 

虫歯が口内を蝕んでいき悪いニオイの原因となり、いずれは口臭につながっていくことも珍しくないのです。

 

虫歯にならないようにするために歯磨きもしっかりとしなければなりませんが、おすすめの歯磨き粉はフッ素入りの物でしょう。

フッ素入りの歯磨き粉を用いて食事の後は歯磨きをしっかりとしてください。

 

それだけでもニオイはかなり緩和されるので、虫歯にならないように日頃から気をつけましょう。

 

口臭の原因はコーヒーの摂取などもあるので、缶コーヒーをよく飲む女性は少し注意がいると思います。

生活習慣を見直すのも大切で、ストレスが溜まっていたり、暴飲暴食などもよくありません。

 

それらが原因で口臭になる女性も少なくないので、思い当たる女性は特に気をつけるようにしてください。

口臭の原因と対策

何となく口の中がもわっとしていてすっきりしていない、そんな時は自分の口が臭っているのでは?と不安になってしまいます。
実際にどういう時は口臭が増えるのか、またどうすれば口臭が減るのかを知っているだけで、口臭を軽減させることが出来ます。

 

口の中には嫌気性細菌という菌が生息していて、この菌が食べかすなどのたんぱく質などを分解することによって揮発性硫黄化合物、つまり臭いの元を作り口臭が発生します。
この臭いの元は普段は唾液の抗菌作用によって抑えられていますが、唾液が少なくなると細菌が増え、口臭も増えてしまいます。
朝起きたてや、緊張している時、空腹の時などは唾液の分泌が少なくなってしまっているので、口臭を感じやすくなるのはこのためです。

 

簡単に唾液を増やす方法としては、「歯磨き」や「ガム」などがあります。

歯磨きをしたりガムを噛むと口の中がすっきりするだけでなく、口腔粘膜を刺激することで唾液の分泌が促されるので、口臭の軽減が見込めます。
手元に何もない場合でも、頬をマッサージしたり、舌を口の中で上下左右に動かすと唾液腺が刺激されて唾液が分泌されます。

 

また、舌の表面に古くなった細胞などが付着して舌の表面が白くなっている場合(舌苔という)は、菌が繁殖しやすい状態なので、その舌苔を舌専用ブラシで取り除いて綺麗な舌を保てば口臭予防になります。
しかし、磨き過ぎや歯ブラシで舌を磨くことは舌を傷つけることがあるので注意が必要です。

 

いくら唾液を出したり舌を磨いても、虫歯や歯周病などの病気があると、細菌は溜まりやすく、口臭が出やすくなります。

その場合はまずは歯医者さんで治療をすることが第一です。
健康なお口にしたうえで適切な口臭対策をしましょう。


関連記事