一人暮らしのウォーターサーバー選びで気を付けたいこととは

一人暮らしを始めて自分で食材などを選ぶようになると、水の味に気づくことがあります。

毎日口にするものだから出来ることなら美味しくて安全な水が飲みたい、そう考えウォーターサーバーの導入を考えている女性も少なくないのではないでしょうか。

 

実際ウォーターサーバーを使用されている方からは美味しい水が好きな時に飲めて、その上沸かさなくてもお湯が使えるので便利という声がよく聞かれます。

しかしウォーターサーバーはどれも大差ないだろうと適当に契約すると後悔することになるので注意が必要です。

 

テレビなどの宣伝を見ているとウォーターサーバーが家族向けであることがわかります。このような製品は一人暮らしの方には不向きな場合が多くあります。

ウォーターサーバーは毎月一定量購入するノルマがあります。自炊などで消費し切れる方もいますが、外食の多い方は消費しきれないということが少なくありません。

 

外食がちで自炊が少ない方ならひと月12L前後、自炊を行うなら24Lほどが目安となります。

一人暮らしなら購入ノルマがない方が便利な場合が多くあります。

 

ボトル交換で重い水をサーバーの上部にあげるのは男性でも大変です。床置き式でボトルを持ち上げる必要がないものや、1本あたり10L未満の軽いボトルの業者を選ぶと気軽に利用できます。

意外に見落としがちなのが使い終わったボトルの処理です。業者に引き取ってもらうのはエコの観点からは良いものでも、実際の生活の中では引き取ってもらう日に留守にすることができず意外と不便なものです。

 

一人暮らしなら自分で処理できるワンウェイボトルを採用している業者が便利です。

それを踏まえて業者を見ていった場合、一人暮らしの女性が使いやすい製品を提供しているとして評判が高いのはフレシャスやコスモウォーターなどがあげられます。

 

せっかくのよい水も使いづらくては楽しめないものです。賢くウォーターサーバーを選んで毎日美味しい水をいただきましょう。


関連記事