なるべくお金を使わずに黄ばみを落す方法

加齢と共に、喫煙習慣のために、いろいろな理由で白い歯は黄ばんでしまいます。

何も対策をしなければ自然と白くなることはありませんし、黄ばむ要因を解消せずにいればどんどん色が定着していき、あまり人に見せられない状態になってしまうのが問題です。

 

そこで私が行っているのが、自宅で簡単にできる重曹歯磨きになります。

口の中がすっきりとして嫌な黄ばみも軽減でいるように感じていますし、重曹自体安価で手に入るので始めやすい方法です。

 

重曹を使った黄ばみ落としは、歯磨き粉代わりに歯ブラシにつけて歯を磨くものと、水に溶かしてうがいをするという2つの方法がありますが、私は歯磨き粉代わりの利用を週に2回、それ以外の通常の歯磨き粉を利用した歯磨きをする時には、最初に重曹うがいをしてから磨くようにしています。

 

掃除アイテムとしても汚れ落としに高い効果を発揮する重曹は、歯の表面の着色汚れにも充分な研磨作用を働かせてくれますし、黄ばみを擦り落としてしっかり綺麗にしてくれます。

 

あまり強く磨きすぎたり、重曹磨きの頻度が多くなると歯の表面を傷つけてしまうのでやりすぎには注意しなければなりませんが、何よりも安く手に入るアイテムで対策できる点が大助かりです。

 

重曹は掃除用と食用がありますが、もちろん歯磨きには食用を利用します。

粒が細かいので刺激も少なく、何よりも安全なものなので安心して使い続けられます。

 

重曹には消臭効果もあるので、口臭予防にも繋がり一石二鳥です。


関連記事