回転型駆動方式なら磨いている感じを実感出来る

普通の歯ブラシで毎日磨いていると、会社の休憩時間や友人宅で電動歯ブラシを使っている姿を見かけると、使ってみたいと思うでしょう。

しかし、実際に使っている様子を見ると、人それぞれ磨き方がまるで異なるので、どの電動歯ブラシを選んだら良いのか分からなくなってしまいます。

 

なぜなら、電動歯ブラシには駆動方式により3つのタイプがあり、目的がそれぞれ異なるからです。

歯の治療中やいつもと同じ磨き方をして短時間で磨けるようにしたいなら、超音波電動歯ブラシを利用すれば良いでしょう。

 

歯にあてるだけで自ら歯ブラシを上下運動しなくても磨きたいならば、通常の歯ブラシと同じ形をした音波電動歯ブラシを使い、丸いヘッドが回転するタイプならば奥歯の磨き残しを気にする人にも適しています。

 

歯と歯茎の間に溜まりやすい歯垢を除去する方式として、どのタイプが良いのかは、電動歯ブラシに求める役目により変わるので、初めて電動歯ブラシを使うならば回転型駆動方式タイプを選ぶと良いでしょう。

 

回転型駆動方式では、ブラウンオーラルBプラチナブラック7000のように、6つのブラッシングモードを搭載していれば、歯の磨き方にも違いがあることを実感出来ます。

ホワイトニングモードを使えば、コーヒーや紅茶で付いてしまったステイン汚れに対してもブラッシングを効果的に行える動きをしてくれます。

 

歯の1本1本を確認しながら磨くことが出来るので、回転型駆動方式のブラウンオーラルBのシリーズから始めてみると手磨きとの違いが分かりやすいです。


関連記事